すい臓がんの再発・後遺症【目次】

すい臓がんの転移・再発時の症状

がんの厄介な性質の一つに、「治療後の再発」があります。 手術で病巣を取り除いても、実は目に見えない小さながん細胞がどこかに残っていて、それが後に姿を現すようになることがあるのです。

続きを読む

すい臓がん手術後の食事・食生活

すい臓は、食べ物を消化するための「膵液」や、血糖値を調節する「インスリン」などのホルモンを産生する臓器ですので、すい臓がん手術後には食事のしかたに気をつける必要があります。

続きを読む

すい臓がん手術後の定期検査

すい臓がんは手術ができたとしても、その後に再発するリスクの高いがんです。

術後、実に90パーセントもの患者さんが再発するといわれるほど、油断のできないがんですから、手術を受けた後は必ず病院の指示に従って、定期的にフォローアップ検診を受ける必要があります。

続きを読む

すい臓がんの緩和医療

がんの「緩和医療(緩和ケア)」とは、患者さんの心身の苦痛を少しでも和らげ、「QOL(生活の質)」を維持しながら、自分らしく過ごせるようにするための治療の総称です。

続きを読む

すい臓がん手術後の後遺症

すい臓がんの手術は、がん手術の中でも比較的大がかりなものです。

特に全体の60パーセントを占める「膵頭部がん」の場合、すい臓の一部に加えて、十二指腸や胆管、胆のう、胃の一部なども一緒に切除する侵襲の大きい手術になりますので、それだけ合併症や後遺症のリスクも高くなります。

続きを読む

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ