すい臓がん手術後の食事・食生活

すい臓は、食べ物を消化するための「膵液」や、血糖値を調節する「インスリン」などのホルモンを産生する臓器ですので、すい臓がん手術後には食事のしかたに気をつける必要があります。

たとえば膵液の分泌が少なくなることで、消化不良による下痢が起こりやすくなりますし、インスリンの分泌が少なくなることで、糖尿病の症状が出るようになります。

ですからすい臓がんの手術後は、なるべく消化に負担がかからず、かつ血糖値を急激に上げない食べ物をとることが大切です。

すい臓がん手術後の食事や、食生活の注意点についてご紹介していきます。

ホルモンの分泌が少ない場合

すい臓には、ホルモンを分泌するための「ランゲルハンス島」という器官が散在しています。

その名の通り、いくつかの細胞が集まって島のようになったところで、この中にある細胞がインスリンやグルカゴンなどのホルモンを産生して、血糖値のコントロールをしてくれているのです。

すい臓がんの手術をすると、すい臓の一部が失われますので、その分ランゲルハンス島の数も少なくなってしまいます。

その結果、血糖コントロールに必要なホルモンが十分に分泌されなくなり、さまざまな支障が出てくる可能性があるのです。

特に血糖値を下げる働きのある「インスリン」というホルモンが不足すると、食後、血糖値が高いままになってしまい、生活習慣病である糖尿病と同じ症状が出るようになります。

これを防ぐためにも、すい臓がんの手術後は血糖コントロールが必要で、常に自分で血糖値をチェックし、状態に応じた対策をとらなくてはいけません。

食事では、暴飲暴食やカロリー過多の食事は控え、適度な運動もして、体脂肪をコントロールすることが大切です。また、なるべく食後血糖値が急激に上がらないような食事をするよう、病院から指導されることもあります。

炭水化物などの血糖値を上げる食べ物は、極力減らし、食べる場合は血糖値の上がりにくい食べ物の後に食べるようにする、などの工夫です。

それでも効果が十分でない場合は、インスリン注射が必要になることもあります。最初は恐怖感が強いかもしれませんが、病院できちんと自己注射の指導を受けますので、指示にしたがって行ないましょう。

ちなみに、すい臓はインスリンのほかに、「グルカゴン」というホルモンも分泌しています。こちらは逆に、血糖値を上げる働きのあるホルモンです。

グルカゴンが不足すると、低血糖の発作が起こりやすくなります。

血糖値は高すぎても良くないのですが、低すぎるのも困りもので、震えや動悸、めまい、発汗などの発作が起こりやすくなります。ちなみに糖尿病治療を受けている時にも、注意すべき症状の1つです。

このような発作が起きた場合に備えて、常に飴やジュースなどを携帯し、いざという時にそれを口に入れてブドウ糖を補給する必要があります。低血糖がひどくなると意識を失うこともありますので、注意が必要です。

消化液の分泌が少ない場合

すい臓にはホルモン分泌のほかに、膵液の分泌という重要な役割もあります。

膵液は、タンパク質・脂肪・炭水化物の「3大栄養素」すべてを消化できる消化液です。すい臓の外分泌細胞で産生され、膵管を通して十二指腸へと運ばれます。

すい臓がんの手術を受けると、外分泌細胞の数が減って膵液の分泌量も少なくなってしまいますので、消化不良が起こりやすくなります。

特に「膵頭部」にできたがんでは、胆のうや胆管も一緒に摘出するため、「胆汁」という消化液の分泌にも支障をきたす場合があり、さらに消化不良のリスクが高くなることがあります。

消化液が不足すると、下痢しやすくなるほか、脂肪が分解されないまま出てくる「脂肪便」も出やすくなります。脂肪便は悪臭をともない、水に浮くのが特徴です。

すい臓がんの手術後は、なるべく消化に良いものを少量ずつ、1日何回かに分けて食べることが推奨されています。

特に術後しばらくの間は、一度にたくさんの量を食べてしまうと消化が追いつかず、お腹を壊しやすくなりますので、1回1回の量を少なめにして、回数を増やしながら栄養をとるようにしましょう。

そして食事の内容では、「脂肪分を取りすぎないこと」が大切です。

特に消化に負担をかける動物性脂肪はなるべく控え、植物由来の油などで摂取するようにします。またタンパク質も、大豆や魚などの、脂肪分の少ない良質なものがおすすめです。

他には、刺激物である香辛料やコーヒー、アルコールなども消化に負担をかけるため、できるだけ取らないようにする必要があります。

すい臓がんの手術後は、医師の指示や、栄養士さんによる栄養相談などを活用しながら、自分に合ったメニューや食事の仕方を少しずつ確立していくようにしましょう。

手術後の定期検診の際にも、食事指導が行なわれることがありますので、気になることがある時はその際に遠慮なく相談するようにしてください。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ