すい臓がんの粒子線治療

すい臓がんで行なわれる放射線療法の1つに、「粒子線治療」があります。

粒子線とは、粒子が束のようになって高速で進んでいく放射線のことで、「陽子線」や「重粒子線」などが代表的です。

X線やγ線を使った従来の放射線療法と比べて、「どのポイントで最大の線量にするか」を設定できるため、腫瘍をピンポイントで攻撃できます。

粒子線治療は、まだ先進医療の扱いですので、受けるためには高額な費用がかかりますが、これから先さらに有効性が確認されれば保険適用になる可能性もあります。

すい臓がんで行なわれている粒子線治療について、詳しく解説していきましょう。

すい臓がんに効果が期待される「粒子線治療」とは

粒子線治療とは、陽子線や重粒子線などを活用した放射線療法です。すい臓がんのほかにも、さまざまながんで適用が始まっています。

粒子線の最大の特徴は、体の奥にある病巣に対して、高エネルギーのまま照射できるという点です。

X線やγ線の場合、体表近くでもっとも線量が高くなり、体の奥深くに進むにつれてエネルギーが減少していきますが、粒子線は体内のどこでもっとも高エネルギーにするかを指定することができます。

そのため、がんの病巣をピンポイントで攻撃できますし、皮膚などの正常な組織に与えるダメージを少なくすることもできるのです。

すい臓がんはただでさえ早期発見しにくい上、周りに大きな血管や消化管などが集まっているため、病巣が限局的であっても手術が難しいケースもあります。

また、すい臓がんのほとんどは「腺がん」という、放射線の効き目があまり良くないタイプですので、従来型の放射線療法では十分な効果が期待できないのが現状です。

そこで、従来の放射線よりも病巣を狙い撃ちできる粒子線を使うことで、高い治療効果が期待されているのです。

すい臓がんで行なわれている、2種類の粒子線治療

現在、すい臓がんで粒子線治療の適用になるのは、以下の2つのケースです。

1.手術前の補助療法として

手術を前提とした治療です。手術前に粒子線治療を行なうことで、腫瘍を少しでも小さくし、安全に手術できるようにすることを目的としています。

基本的に、対象となるのは以下のような患者さんです。

対象となる患者

  • 80歳以下であること
  • ステージがT〜Wa期までで、浸潤性膵管がんであること
  • まだすい臓がんに対する治療が行なわれていないこと
  • 動脈系の浸潤がないこと

治療法としては、「炭素イオン線」という重粒子線を、2週間のうちに8回照射します。その後、4週間以内に手術を行なうという流れです。

2.局所進行すい臓がんに対する根治治療として

すでに手術ができないすい臓がんに対しては、「ゲムシタビン(ジェムザール)」という抗がん剤と併用する「化学放射線療法」として、粒子線治療を行なうこともあります。

対象となるのは以下のような患者さんです。

対象となる患者

  • 75歳以下であること
  • 手術不能の浸潤性膵管がんであること
  • 遠隔転移がないこと
  • これまですい臓がんに対する放射線療法を受けていないこと

治療法としては、抗がん剤の「ゲムシタビン」と併用しながら、「炭素イオン線」という重粒子線を、3週間で12回照射します。

いずれの方法でも、患者さんの体が動かないように、一人ひとりに合わせた固定器具を作成し、それを着けた状態で行ないます。

そして、事前にCTなどで病巣の位置をしっかりと確認し、そのポイントでもっとも重粒子線のエネルギーが大きくなるように設定して照射します。

すい臓がんの粒子線治療を受けるには〜費用や注意事項など

このような粒子線による治療は、従来型の放射線療法に比べてより高い効果が期待されていますが、まだ先進医療の扱いですので、費用が高額になる点がネックです。重粒子線の場合、一律314万円となっています。

また粒子線治療を行なう医療機関は、全国の中でもまだ多くありませんので、住んでいる場所によっては近くに施設がない可能性もあります。

いずれにせよ、治療を希望する場合はまず担当医に相談し、対象になるかどうかを確認することが大切です。

上記で紹介したような条件のほかにも、色々と細かい条件がありますので、患者さん自身が希望しても必ず受けられるとは限りません。

また、粒子線治療は先進医療の扱いですので、現段階では本当に有効性があるのかについてはまだ十分なデータが集まっていないことを理解する必要があります。

先進医療とは、いわば「自由診療と保険診療の中間」に位置する治療のことで、さらに臨床が進んで十分な有効性や安全性が確認されれば、いずれ保険診療になる可能性を秘めています。

そのため、治療に必要な検査代や入院費、薬代などには保険が適用されますが、治療自体は全額自己負担となります。

2016年に入ってから、小児がんや骨軟部腫瘍の一部に、初めて粒子線治療が全額保険適用になることが決まりました。ですから将来的には、すい臓がんでも保険適用で受けられる日がやってくるかもしれません。

しかし、現在はまだそのための試験段階になりますので、高額な費用を支払って受ける価値があるかどうかを、医師ともよく相談した上で決めていく必要があるでしょう。

すい臓がん治療は数百万円かかることも

すい臓がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ