すい臓がんの治療法【目次】

すい臓がんのステージ別治療法

すい臓がんの治療法は、発見された時のステージによって異なります。発見が早ければ早いほど手術できる可能性が高くなりますし、逆に遅れるほど手術以外の治療法が中心となります。

症状に乏しいすい臓がんは、早期発見しにくいため、まず「手術できるかどうか」が大きな分かれ目です。

続きを読む

すい臓がん化学療法の流れ

化学療法とは、抗がん剤を使った治療のことです。多くのがん治療に役立てられていますが、特にすい臓がんは早期発見が難しく、手術できないケースも多いため、化学療法は非常に重要な治療法になります。

続きを読む

すい臓がん化学療法の副作用と対処法

抗がん剤と聞くと、「つらい副作用がある」というイメージを持つ人も多いかもしれません。実際、抗がん剤には吐き気や嘔吐、脱毛、骨髄抑制などの副作用があるものが多くみられます。

そのため、抗がん剤に強い抵抗感を持ち、ほかの治療法はないかと考える患者さんも増えているのですが、最近では病院でも副作用対策を充実させており、ひと昔前に比べるとずいぶん患者さんの負担は少なくなったといわれています。

続きを読む

すい臓がんの内視鏡的治療法

すい臓がんの治療法の1つに、「内視鏡的治療法」があります。

普通、がんの治療で内視鏡的治療というと、内視鏡の先につけたメスで腫瘍を切り取ったり、焼き切ったりする治療を指すことが多いのですが、すい臓がんの場合はそうではなく、「ステント療法」という対症療法の1つになります。

続きを読む

すい臓がんの粒子線治療

すい臓がんで行なわれる放射線療法の1つに、「粒子線治療」があります。

粒子線とは、粒子が束のようになって高速で進んでいく放射線のことで、「陽子線」や「重粒子線」などが代表的です。

続きを読む

すい臓がんの手術以外の治療法

すい臓がんは症状に乏しく、早期発見が難しいため、見つかった時にはすでに手術ができないステージに達している患者さんも少なくありません。そんな時は、手術以外の治療法を検討することになります。

すい臓がんの手術以外の治療法としては、「化学療法」と「放射線療法」が代表的です。また、対症療法としての「内視鏡的治療」や、苦痛を和らげるための「緩和ケア」などもあります。

続きを読む

すい臓がん手術治療と合併症

すい臓がんの治療の中でも、もっとも治癒が期待できるのは手術です。まだ病巣が限局的である場合、手術でうまく取り除くことができれば、予後の悪いすい臓がんでも完治できる可能性があります。

続きを読む

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ