すい臓がんの手術以外の治療法

すい臓がんは症状に乏しく、早期発見が難しいため、見つかった時にはすでに手術ができないステージに達している患者さんも少なくありません。そんな時は、手術以外の治療法を検討することになります。

すい臓がんの手術以外の治療法としては、「化学療法」と「放射線療法」が代表的です。また、対症療法としての「内視鏡的治療」や、苦痛を和らげるための「緩和ケア」などもあります。

すい臓がんの手術以外の治療法の詳しい内容についてご紹介していきます。

すい臓がんの化学療法(抗がん剤治療)

すい臓がんの治療法の中でも、抗がん剤を使った化学療法は、とても重要な治療です。手術や放射線療法などの「局所療法」と違い、抗がん剤を血液に乗せて全身へ届けることができるため、「全身療法」とも呼ばれます。

ですから、病巣が広がっていて局所療法が難しい場合や、遠隔転移した場合などにも実施できる治療法です。

すい臓がんの化学療法は、主に以下の3つのパターンがあります。

1.手術できないすい臓がんに対して

病巣が浸潤や転移していて、手術ができないすい臓がんに対する化学療法です。腫瘍を少しでも抗がん剤で小さくして、生存期間の延長を目指します。

中には、抗がん剤がよく効いて、手術できる程度にまで腫瘍が縮小するケースもまれにあります。

進行すい臓がんの化学療法に使われる抗がん剤は、「ゲムシタビン(ジェムザール)」や「ティースワン」「エルロチニブ(タルセバ)」などが代表的です。

2.術後補助化学療法として

すい臓がんは、がんの中でも悪性度が高いため、手術ができても再発リスクがあります。そのため、手術後に再発を防止する目的で「術後補助化学療法」を行なうことが一般的です。

手術では、もちろん確認できるがん細胞はすべて取り除きますが、それでも目に見えない小さながん細胞は取り残してしまう可能性があります。

それが成長して姿を現すようになることが「再発」ですので、これを防ぐために、取り残したがん細胞を抗がん剤で叩いておく必要があります。

すい臓がんの術後補助化学療法に使われる抗がん剤は、「ティーエスワン」という内服薬です。この薬をスケジュールに沿って服用することで、すい臓がんの再発率を明らかに低くできることが分かっています。

3.術前化学療法として

手術前に抗がん剤を投与して、腫瘍を少しでも小さくしてから手術に臨むための治療法です。ただしすい臓がんの場合、有用性を示すデータが少ないため、現在は標準治療の扱いにはなっていません。

化学療法と聞くと、強い副作用に苦しむイメージを持つ人も多いのですが、最近は事前に吐き気止めを投与するなどして、副作用対策を行なうようになっています。

すい臓がんの放射線療法

放射線療法は、手術・化学療法と並ぶ「がんの3大治療」の1つです。X線やγ線などの放射線を体表からがん細胞に向けて照射することで、がん細胞を攻撃します。

放射線療法は、比較的副作用が少なく、高齢の患者さんにも適用できる場合が多い点がメリットです。すい臓がんでは主に、以下の3つの使われ方をしています。

1.補助放射線療法

手術前に放射線照射を行ない、腫瘍を少しでも小さくしてから手術をするという治療法です。

これが有効かどうかについては、まだ賛否両論があり、標準治療とはなっていませんが、最近では「炭素イオン線」という重粒子線を使った新しい術前放射線療法も始まっており、効果が期待されています。

2.緩和的放射線療法

手術不能のすい臓がんで、強い痛みなどがある場合は、症状を和らげるために放射線療法が行なわれることがあります。特に骨転移に対して有効です。

3.化学放射線療法

進行すい臓がんでは、化学療法と放射線療法を組み合わせた「化学放射線療法」もよく行なわれています。2つの治療をうまく組み合わせることで、腫瘍を効果的に縮小させることが目的です。

すい臓がんの化学放射線療法では、「ゲムシタビン(ジェムザール)」という抗がん剤を使います。3週間の放射線療法の期間中、ゲムシタビンを週1回ずつ、計3回投与するのが標準的なスケジュールです。

すい臓がんの内視鏡的治療

すい臓がんの治療には、「内視鏡的治療」もあります。これは内視鏡を使って腫瘍を切除する治療ではなく、「ステント」という管を消化管の中に置くことで、黄疸や肝機能障害などの症状を和らげる対症療法です。

特に、胆管が通る「膵頭部」にできたがんでは、胆管が圧迫されることで胆汁の流れが悪くなり、黄疸や胆管炎などが起こる可能性があります。

そのような時は、滞った胆汁を流すために、内視鏡を使って「胆管ステント」という管を胆道の中に置く治療を行なうことがあります。

また、がんが広がって胃や十二指腸が狭くなると、食事が取れなくなったり、食後に吐き気を催したりすることもあります。

このような場合も、同じく内視鏡を使って胃や十二指腸にステントを留置することで、症状を和らげることが可能です。

上記のほかにも、「免疫療法」や「温熱療法」などの、代替療法と呼ばれる治療法を試す患者さんもいます。

中には、まだ安全性や有効性が十分に確認されていない治療法もありますが、すい臓がんは手術率が低く、有効な治療法も限られているため、さまざまな治療法が試験的に行なわれているのも事実です。

いずれにしても、患者さん自身が正しい知識を得た上で、自分が一番納得できる治療法を受けることが大切になります。

医師とよく相談し、必要に応じて他の病院にセカンドオピニオンも求めながら、最善の治療法を考えていきましょう。

すい臓がん治療は数百万円かかることも

すい臓がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ