すい臓がん手術治療と合併症

すい臓がんの治療の中でも、もっとも治癒が期待できるのは手術です。まだ病巣が限局的である場合、手術でうまく取り除くことができれば、予後の悪いすい臓がんでも完治できる可能性があります。

しかしどのような手術であれ、体にメスを入れる以上は、合併症のリスクはつきものです。 特にすい臓がんの場合、周りに重要な臓器や血管、消化管などが多く通っており、それらの一部も一緒に切除しますので、どうしても手術は大がかりになります。

すい臓がんの手術で起こりうる合併症についてご紹介していきましょう。

すい臓がんの「膵頭十二指腸切除術」の合併症

すい臓がんでもっとも多いのは、「膵頭部」にできるがんです。この場合、膵頭部と十二指腸を一緒に切除する「膵頭十二指腸切除術」という手術が行なわれます。

この手術では、膵頭部と十二指腸に加えて、胆管や胆のうまでを切除しますので、非常に大がかりな手術となります。

また、手術後は膵液や食べ物の新たな通り道を作るために、すい臓と小腸、胆管と小腸などを人工的につなげなければいけません(消化管再建)。

このように、膵頭十二指腸切除術は、大がかりで複雑な手術となりますので、全体の40〜50パーセントの患者さんに何らかの合併症が生じるともいわれています。特に代表的な合併症は、以下のようなものです。

膵・空腸吻合部の縫合不全

膵頭十二指腸切除術では、臓器を摘出した後、膵液の通り道をつくるためにすい臓と空腸(小腸の一部)をつなげる必要があります。

この時、つなぎ合わせた部分がうまくくっつかず、一部が開いてしまう「縫合不全」が起こると、そこから膵液が漏れてしまうことがあります(膵瘻)。

縫合不全は、さまざまな部位の手術で起こることがありますが、特にすい臓と小腸のつなぎ目はなかなか治らない傾向にあるといわれています。

また、消化液である膵液には、脂肪やタンパク質を分解する性質があるため、近くの血管壁を荒らして出血が起こることもあります。

このような合併症を予防するために、手術の際には「ドレーン」という管をお腹の中に入れ、万が一縫合不全が起きても、漏れた膵液が管を通して排出されるようにしています。

ドレーンがきちんと機能している限り、時間はかかっても縫合不全は少しずつ治癒していくことが一般的です。

ただしドレーンでうまく排出できない場合、再手術になる可能性もあります。

膵頭十二指腸切除術では、この縫合不全が起こるかどうかによって入院日数も異なってきます。

胆管空腸吻合部の縫合不全

膵頭十二指腸切除術では、胆汁の通り道を作るために、胆管と小腸もくっつける必要があります。

すい臓と小腸をつなげた場合と同様、ここにも縫合不全が生じる場合があり、そうすると胆汁がおなかの中(腹腔内)に漏れ出てしまいますので、この場合もドレーンで漏れた胆汁を排出する必要があります。

ただしドレーンで排出できない胆汁があると、膿が溜まり、再手術や新しいドレーンの設置が必要になることもあります。

腹腔内出血

膵頭十二指腸切除術では、転移の疑われるリンパ節も一緒に切除しますので、その時に主要な太い血管がむき出しの状態となります。

そこに、上記のような縫合不全が起こって、膵液が漏れ出たりすると、血管壁が傷ついて、腹腔内に出血することがあります。

全体の2〜8パーセントの患者さんにみられる合併症ですが、腹腔出血の致死率は最大60パーセントと高く、命にかかわる重篤な合併症です。

もし腹腔内出血が起こった場合は、脚の付け根からカテーテルを入れて、出血している部位まで進め、問題の血管を塞栓物質でふさいでしまう「経動脈的塞栓術」という治療を行なう必要があります。

胃排泄遅延

膵頭十二指腸切除の後には、近くにある胃の働きも悪くなることがあります。そうなると食べ物や胃液が長時間、胃の中にとどまり、「胃排泄遅延」という状態になることがあります。

軽いものも含めると、全体の約20パーセントの患者さんに発生するといわれる合併症です。時間の経過とともに自然治癒していくことがほとんどですが、元通りに回復するまで食事を取れないこともあります。

膵体尾部切除の合併症

膵体部や膵尾部にできたすい臓がんでは、「膵体尾部切除」という手術が行なわれます。この手術の合併症としては、以下のようなものが代表的です。

膵瘻(すいろう)

膵体尾部切除でもっとも多い合併症で、60パーセントの確率で起こるとされています。

すい臓の中には、膵液の通り道(膵管)がいくつもありますので、膵体部や膵尾部を切除することによっても、切断した端っこから膵液が漏れることがあります。

このような膵瘻が起こると、腹腔内の臓器が膵液で溶けて腹膜炎を起こしたり、近くの動脈が膵液で傷ついたりして、ひどい場合は大出血を起こすこともあります。

予防のため、手術の際にはドレーンが入れられ、膵液が漏れても体外に排出できるようにします。

ドレーンが機能している限り、時間はかかっても膵瘻は少しずつ治癒していくことが一般的です。長い場合は1ヵ月程度かかることもあります。

消化吸収障害

すい臓を切除したことで、膵液の分泌量が少なくなりますので、消化吸収障害が起こることがあります。すると消化不良による下痢や脂肪便などがみられることがあります。

さらにすい臓の近くには、腸につながる自律神経も通っており、手術でこの神経を切除することもあるため、その場合は腸の運動が活発になってひどい下痢を起こすこともあります。

このような場合は下痢止めや「膵消化酵素補充薬」を飲んだり、低脂肪食を取ったりする必要があります。

上記のほか、肺炎や腸閉塞、血栓症などの合併症が起こる可能性もあります。多くは術後間もなくして現れますので、しっかりと病院で管理されている限りは大きな問題には発展しないことがほとんどです。

一般的に膵頭部の手術のほうが大がかりなため、合併症が起こりやすく、また回復するまでの時間もかかることが一般的です。

合併症が落ち着き、胆汁や膵液などの流れが問題なければ、少しずつドレーンなどの管を外して食事を始め、退院に向かっていきます。

すい臓がん治療は数百万円かかることも

すい臓がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ