すい臓がんの進行度合いによる症状の違い

すい臓がんの初期症状は少なく、症状だけで早期発見するのはきわめて困難です。ただしどのかんでもそうですが、がんが成長してステージが進行すればするほど、さまざまな症状が現れてくるようになります。

特にすい臓がんは、早い段階から周りの組織に浸潤しやすいがんのため、発見が少しでも遅れるとあっという間に周りに広がり、腹痛や背部痛をはじめとする色々な症状が出るようになります。

すい臓がんで症状が出るようになった頃には、かなりがんが進行していることが一般的です。

すい臓がんの進行度合いによる症状の違いについて、詳しく見ていきましょう。

早期すい臓がんの症状

すい臓がんの90パーセントは、膵液の流れる膵管に発生する「浸潤性膵管がん」ですが、膵管の上皮細胞にがんが発生した時点では、自覚症状はほとんどありません。

多くの場合、膵管内またはすい臓内にがんがとどまっている場合は、自覚できるような症状はないことが一般的です。

その中でも、比較的早期に現れる症状としては、胃やみぞおちあたりの不快感や痛み、食欲の減退などがあります。

ただしこれらの症状はすい臓がんに特有のものではないため、これだけですい臓がんを見つけるのは困難でしょう。

たとえば胃の不調を疑って、バリウム検査や胃カメラ検査などを受けたとしても、その後ろ側にあるすい臓の異常に気づくことはとても難しいといえます。

そのため、すい臓がんを症状だけで早期発見できた人はほとんどいないのが現状です。

進行すい臓がんの症状

特徴的な初期症状の少ないすい臓がんですが、進行して大きくなってくると、あっという間にすい臓の外の組織や臓器に広がってしまい、さまざまな症状が出るようになります。

すい臓の中でもどの部位にがんが発生したかによっても異なりますが、すい臓がんの進行期の症状として代表的なものに、体重減少や背中の痛み、腹痛、腹部の腫れ、便通異常などがあります。

腹痛や背部痛

上腹部や、背中・腰の痛みは、特に多くの患者さんが訴える症状です。実際、すい臓がんの患者さんが最初に受診したきっかけとなったのが、これらの部位の痛みや不調だったとされています。

ただし、必ずしも言葉ではっきりと表せるような痛みや症状とは限らず、「なんとなく調子が悪い」「なんとなくだるい」「なんとなく食欲がなくなった」といった、漠然とした不定愁訴と呼べる症状が多いのも特徴です。

糖尿病の発症や悪化

進行期のすい臓がんでは、糖尿病に似た症状や、糖尿病治療中の急激な症状の悪化などもよくみられる症状になります。

特に家族歴がなく、大きな生活習慣の変化もないにもかかわらず、中年以降に突然糖尿病を発症したような人は、すい臓がんの可能性も疑い、すい臓の精密検査を受けることが推奨されています。

黄疸

白目や皮膚、尿などが濃い黄色になる黄疸症状も、進行期のすい臓がんでよくみられる症状です。特に胆管の通る「膵頭部」にできたがんの場合、およそ60パーセントに黄疸症状が出るといわれています。

これはがんによって胆管が狭くなり、中の胆汁の流れが悪くなるためです。

吐血や下血、吐き気など

すい臓がんが成長して、近くの胃や十二指腸に広がった場合、その部分が出血しやすくなるため、吐血や下血などの症状がみられることがあります。

また腫瘍によって飲食物の通りが悪くなり、吐き気につながることもあります。

食欲不振と体重減少

すい臓がんになると、消化液の一つである「膵液」がうまく分泌できなくなるため、食べ物を食べてもそれを分解吸収しにくくなり、消化不良を起こしやすくなります。そのため体重が減少することが一般的です。

遠隔転移したすい臓がんの症状

さらにすい臓がんが進行し、血管やリンパ管を通して遠く離れた臓器にまで転移すると、転移先によってさまざまな症状が現れるようになります。

肝転移の症状

特にすい臓がんが転移しやすい臓器は、肝臓です。肝臓は腹部の各臓器から血液が流れこむ場所ですので、すい臓がんも血流に乗り肝臓にたどり着いて、転移することがあります。

ただし肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるほど異常に強い臓器であり、腫瘍がかなり大きくなってからでないと症状が出ないことも少なくありません。肝転移の症状としては、黄疸や腹痛、全身倦怠感などが代表的です。

骨転移の症状

すい臓がんでは、骨転移も多くみられます。骨に転移した場合は、その箇所の痛みや、骨がもろくなることによる骨折などが代表的な症状です。

腹膜転移の症状

すい臓は腹部臓器ですので、腹膜(腹部臓器を覆う、薄い半透明の膜)に転移することもあります。腹膜に転移すると、腹痛や腹部膨満感のほか、吐き気や嘔吐などの腸閉塞の症状も出やすくなります。

このように、すい臓がんでは進行具合によって現れる症状が変化しますが、すい臓がんに特有の症状が少ない早期の段階で発見することは、非常に困難なのが現状です。

多くの患者さんは、明らかな腹痛や背部痛、食欲不振や体重の減少などが現れるようになってから、ようやく受診します。

発見のしにくいすい臓がんですが、40歳を過ぎたら定期的に人間ドックですい臓のチェックをしてもらうなどして、できる範囲で早期発見に努めましょう。

また医療の世界では、すい臓がんを早期発見するための検査方法も、日進月歩で進んでいます。

すい臓がん治療は数百万円かかることも

すい臓がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ