すい臓がんでがん保険が重要な理由

がんになる前にがん保険に加入することが重要です!

すい臓がんでがん保険が重要な理由

すい臓がんのガイド

すい臓がんがん保険が重要な理由についてご解説!

 すい臓がんは発見が難しく、進行が速く、転移もしやすいがんです。その為、すい臓がんだと診断された時にはすでに進行している状態であることが多いのです。

発症率は60歳代から増加しますが、この年代は現役世代を退いて収入が少なくなることが予想されます。

すい臓がんという困難な病と向き合い、戦うためには大きな覚悟が必要ですが、生活の不安もついて回ります。

がん保険では50万円から100万円程度診断一時金が給付されることが多く、これから始まるがん治療を経済的にも心理的にもサポートしてくれます。

すい臓がんは入院への備えが重要

すい臓がんは転移が速く、手術では周囲のリンパ節や胃や小腸などの臓器を広範囲で取り除く可能性が高くなります。そのため、手術後はすい臓だけではなく、取り除いた臓器の合併症予防にも注意を払う必要があり、何らかの合併症が起きた場合は治療期間が長くなります。

また再発率も高く、入退院を繰り返す可能性があります。がん保険の入院給付金には入院期間や回数の制限がなく、入院が長引いても、入退院を繰り返したとしても安心して治療に専念できます。

すい臓がんは通院での治療が多い

すい臓がんの手術後の根治や再発を目的に、また手術が難しい場合の治療法として、放射線治療や抗がん剤治療が行われます。すい臓がんに用いられる抗がん剤は、週に一度、通院での点滴治療で行われます。また、内服するタイプの抗がん剤も治療効果を上げています。放射線治療も通院で行われている病院が増えてきています。

このように、すい臓がんでは通院での治療の機会が多く、治療も長期にわたることが予想されます。がん保険には一日当たり5千円から1万円程度通院給付金が設定されていることが多く、安心して通院治療を続けることができます。

すい臓がんとは

すい臓がんの特徴

すい臓がんは、60歳代から増え始め、女性より男性の方が1,6倍かかる確率の多い病気です。

すい臓は他の臓器の陰に隠れており、画像診断で異常を見つけることが難しい臓器です。また、すい臓がんの初期は無症状です。

胃や背中が重苦しい、お腹の調子が悪い、食欲がないという症状が発見のきっかけになりますが、すい臓がん特有の症状とは言えず、見過ごされてしまうこともあります。

すい臓がんは進行が速く、周辺のリンパ節や臓器への転移も多いがんです。そのため、かなり進行した状態ですい臓がんと診断されることも多く、また、再発率も高いため生存率の低いがんだと言えます。

すい臓がんの治療

すい臓がんの治療は手術が一番の選択になりますが、がんの発生部位や進行度合いによっては、すい臓だけではなく、胃や小腸、胆嚢など周囲の臓器を取り除くことがあり、合併症の予防など、術後の管理が重要となります。

すい臓がんは抗がん剤が効きにくいがんですが、手術後の根治や再発予防、延命、痛みの緩和を目的に抗がん剤治療が行われます。週に一度の点滴や内服するタイプの抗がん剤が用いられるため、通院での治療が長期間にわたって行われます。

すい臓がんでは放射線治療を行うこともあります。手術ができないほど進行した場合の治療として行われ、放射線によってがん細胞の増殖を抑え、進行を遅らせます。鎮痛効果も高く、緩和治療としても用いられます。放射線治療は、病院によっては通院での治療も可能です。

がん保険とは

がん治療に特化した給付金

がん保険の給付金は、がん治療の様々な場面で味方になってくれます。

がんと診断されたとき

がんと診断されると、自分の命について、これからの治療について、家族の生活についてなど、多くの不安に襲われます。この時に、まとまった金額の診断給付金が受け取れると、生活や治療費の心配がなくなり、治療に向けて気持ちを切り替えることができます。

診断給付金は1回あたり50万円から100万円程度の金額設定であることが多いです。

入院治療が始まった時

がん治療が始まると、入院の費用が心配になります。抗がん剤や放射線の治療は長期間にわたる可能性があります。また、治療内容や転移・再発によって入退院を繰り返す可能性があります。

がん保険の入院給付金には入院日数や回数の上限が設けられておらず、回復するまで安心して入院治療を受けることができます。

手術を受けるとき

手術でがんを取り除けるかどうかが、生存率に大きく関係しています。手術は大きなお金がかかりますが、手術給付金付きのがん保険に加入していれば、安心して手術を受けることができます。手術給付金は、一回の手術につき10万円から20万円であることが多いです。

退院後の通院や外来での治療が必要なとき

がん治療では、再発の予防や早期発見のために定期的な通院が必要となります。また、近年は通院での抗がん剤治療や放射線治療も積極的に行われるようになってきています。

がんによる通院は長期間に及ぶ可能性が高いのですが、通院給付金付きのがん保険に入っていれば、1日当たり5千円から1万円程度の通院給付金が受け取れるため、安心して通院を続けることができます。

共に戦うがん保険

 現在、一生のうち2人に1人ががんにかかると言われています。しかし、医療の進歩とともにがんは治る病気になってきました。がんによっては治療が難しく、長期間の戦いを強いられることもあります。

がん保険の給付金は、がん治療の様々なシーンで、経済的にそして精神的にサポートし、共にがんという病と闘ってくれるのです。

 ほけんの窓口 は全国に518店舗ある一般の方を対象とした保険の相談窓口です。がん保険をはじめ生命保険、医療保険など、たくさんある保険の中から相談者にもっとも適した保険を紹介してくれます。高いんじゃないの?と思われがちですが、紹介料などの収益は保険会社の方からもらっていますので、相談者は一切の費用がかかりません。しかも何度相談しても無料ですから、納得のいくまで話をすることができます。顧客対応も大変満足できるものです。一人で悩んでもはじまりませんのでプロに相談してみるとよいでしょう!

がん保険のガイド

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ