すい臓がんの再発・転移

すい臓がんの治療後

すい臓がんの再発・転移

すい臓がんのガイド

すい臓がん再発・転移について、解説致します!

すい臓がんの再発・転移 すい臓がんに限らず、あらゆるがんは根治のための手術を受けても、取り切れなかったがん細胞が、数年後に再発転移という形で現れることがあります。

特にすい臓がんは手術の難しい臓器ですので、再発率は他のがんと比べても高めです。

すい臓がんは再発しやすい

 すい臓がんでは、手術を行えた患者さんでも、約90パーセントの確率で3年以内に再発するといわれています。特に多いのは、肝臓もしくは後腹膜の局所再発です。

さらにすい臓がんは、まだ腫瘍が小さいうちから周囲に広がりやすく、最初から肝転移や肺転移した状態で発見されることも多いものです。

それは、すい臓が他の内臓組織と複雑につながっていることが一因です。そのため、腕のいい医師が細心の注意を払って手術をしても、すべてのがん細胞を取りきることは簡単ではありません。

そのため、すい臓がんの手術後には再発予防の目的で、抗がん剤治療放射線療法が行われます。取り切れなかったがん細胞を、できる限り死滅させるためです。

しかし、それでも効果は100パーセントではありませんので、やはり再発のリスクは常につきまといます。

再発した場合、基本的に再び手術を行うことはできないため、抗がん剤による治療が中心となります。また必要に応じて放射線療法も行われます。

すい臓がんの転移

 がんの転移には、血液の流れに乗ってがんが移動する「血行性転移」と、リンパ液の流れに乗って移動する「リンパ行性転移」があります。

すい臓の場合、臓器自体のサイズが小さいことと、周りに大きな血管が通っていることなどから、遠隔転移することの多いがんといえます。特に、すい臓から出た血液が最初に向かう肝臓への転移がもっとも多くみられます。

またすい臓は胃とも隣接していますので、への転移も少なくありません。反対に、胃がんがすい臓に転移することもあります。他にもなどが転移の見られやすい部位です。

転移している場合、がん細胞は既に血液やリンパ液とともに全身をめぐっていると考えられるため、手術は基本的に行われません。やはり抗がん剤と放射線、そして緩和ケアなどが主になります。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ