すい臓がんの治療ガイドライン

すい臓がんの治療法

すい臓がんの治療ガイドライン

すい臓がんのガイド

すい臓がん治療ガイドラインについて、解説致します!

すい臓がんの治療ガイドライン 治療ガイドラインとは、ある病気の診断や治療に役立てられる指針のことです。

全国どこの病院にかかっても均一的な治療が受けられるよう、専門家が現段階でもっとも有効な治療法を分かりやすくまとめています。

すい臓がんでは、日本膵臓学会が作成する「膵癌診療ガイドライン」が主に使われています。

すい臓がんのガイドラインによる診断の流れ

 「膵癌診療ガイドライン」では、まずすい臓がんの検査として、血液検査による「膵酵素検査」と「腫瘍マーカー」、そして「腹部エコー検査」が推奨されています。

治療ガイドラインでは、その検査や治療の有効性によって「グレード」というものがつけられているのですが、上記に挙げたような検査は、いずれもそれだけではすい臓がんの診断は下せないことから「グレードC」となっています。つまり、すい臓がんの早期発見は非常に難しいといえるのです。

腹部エコー検査は、主膵管のふくらみや嚢胞の発見という目的においては、とても有効ですので「グレードB」とされています。

またそれらが見つかった場合は、すみやかに「CT検査」などの詳細な検査を行うことが「グレードA」として推奨されています。

流れとしては、血液検査と腹部エコーで問題があればCTとMRIを、それでも診断がつかない場合は、EUS(超音波内視鏡検査)ERP(内視鏡的逆行性膵管造影検査)FDG−PET検査などが行われます。

さらにそれでも確定できなければ、細胞診組織診へと進みます。

すい臓がんのガイドラインによる治療の流れ

 すい臓がんの治療は、ステージ(病期)ごとに分かれています。

まずステージT〜Vの場合は、根治を目的とした手術が推奨されています。その後、再発予防のために補助療法として、抗がん剤治療や放射線治療が追加されます。

一方ステージWaの場合は、手術できる状態であれば手術を、できない場合は化学療法と放射線治療を行います。しかしステージWbでは、基本的に手術は実施できないため、最初から化学療法と放射線治療が選択されます。

こういったフローチャートのほか、「こういう場合はどうするべきか」といった設問が治療ガイドラインの中に複数収められ、医師が必要に応じて参照できるようになっているのです。

すい臓がん治療は数百万円かかることも

すい臓がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ