すい臓がんの緩和ケア

すい臓がんの治療法

すい臓がんの緩和ケア

すい臓がんのガイド

すい臓がん緩和ケアについて、解説致します!

すい臓がんの緩和ケア 緩和ケアとは、がんなどの命に関わりのある病気にかかった患者さんに対して行われる、さまざまなケアの総称です。

身体的な苦痛を取り除く治療はもちろんのこと、精神的なケアにも力が入れられています。

世間では「末期患者さんのためのターミナルケア」というイメージが強いのですが、現在ではがんの宣告を受けたその日から始めるべきものと考えられています。

すい臓がんの体の苦痛に対する緩和ケア

 がんにおける身体的な緩和ケアとしては、「がん性疼痛」と呼ばれる、患部のつらい痛みを和らげるための治療があります。

がんはまだ小さいうちは症状が出にくいものの、進行すると腫瘍が周りの組織を圧迫することによって、さまざまな刺激が生じます。

痛みにつながる場所は全身のいたる所にありますので、がんが広がっていればいるほど痛みは強くなるのです。

たとえば末期がんに侵された患者さんでは、約半数の人に強い痛みが、3割の人には耐えられないほどの痛みが起こるとされています。

このような痛みが続くと、食欲や体力が低下することはもちろん、治療する気力すら奪われてしまうものです。

そのため、モルヒネなどの医療用麻薬を適切に使って痛みを緩和させたり、局所的な痛みには交感神経を遮断する「神経ブロック」が行われたりします。また放射線治療も、痛みを軽くする作用があります。

すい臓がんの精神的苦痛に対する緩和ケア

 がんによる苦痛は体だけではなく、患者さんのにも起こります。

がんを宣告された時のショックから、手術への不安、抗がん剤治療のつらさや、仕事から長期間離れることの問題、そして死への恐怖など、数えきれないほどの精神的苦痛が考えられるでしょう。

それはもちろん、患者さんを見守る家族にとっても同じです。

そこで専門の知識を身につけた看護師による相談や、臨床心理士によるカウンセリングなど、さまざまなメンタルのケアが行われています。また必要に応じて、抗うつ薬向精神薬などが処方されることもあります。

特にすい臓がんのような予後の悪いがんでは、患者さんの不安や悩みも大きいものです。

最近では、ある程度の大きな病院には「緩和ケア外来」も設けられていますので、家族とともに積極的に活用し、前向きに治療を続けていきましょう。

すい臓がん治療は数百万円かかることも

すい臓がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ