すい臓がんの支持療法

すい臓がんの治療法

すい臓がんの支持療法

すい臓がんのガイド

すい臓がん支持療法について、解説致します!

 がんにおける支持療法とは、さまざまな症状を緩和させる目的で行われる治療法を指します。

痛みを軽減したり、がんによって起きている身体的、もしくは精神的な苦痛を取り除いたりする治療です。「緩和ケア」と呼ばれるものも、支持療法の1つになります。

すい臓がんで行われる支持療法

 病気とうまく付き合いながら、なるべくQOLを保って過ごすための治療が支持療法です。

がんによる痛みや諸症状の緩和はもちろん、食事をとれるように消化器を処置したり、抗がん剤による副作用を抑えたりすることも支持療法になります。また患者さんの精神的なケアも含め、その範囲は多岐にわたります。

特にすい臓がんは、「がんの王様」と呼ばれるほど悪性度の高い病気です。

手術で病巣を摘出しても、その生存率の低さは群を抜いています。実際、完治できる患者さんはごく少ないことから、支持療法の重要性は非常に高いといえるのです。

物理的な支持療法としては、「モルヒネ」などの鎮痛剤のほか、胆汁の流れを良くする「胆道ドレナージ術」などがあります。

たとえば、内視鏡的逆行性膵管造影検査(ERP)を行う際に、胆管の中にチューブを置いてくる方法などがあります。

またすい臓がんが進行すると、十二指腸が閉塞して嘔吐を繰り返すことがあり、QOLが著しく低下してしまいます。

そこで、「ステント」というチューブで十二指腸を押し広げる「十二指腸ステント」という治療が行われることもあります。

こういった処置も、すい臓がんとうまく付き合うための支持療法の1つです。

最後まで前向きに生きるためのケア

 精神的なケアも支持療法の重要な一部です。全体的に高齢の患者さんが多いとはいえ、がんによる死の恐怖を味わうことは誰にとってもつらいものでしょう。もちろん、その家族も同じです。

最近では、ある程度大きな病院には「緩和ケア病棟」が設置されています。専門の看護師が相談に乗ったり、臨床心理士がカウンセリングを行ったりしており、患者さんと家族の心を支えるよう努めています。

たとえ有効な治療法がなくなってからも、人として尊厳を保ちながら前向きに命をまっとうする、そんな目的も支持療法にはあるのです。

すい臓がん治療は数百万円かかることも

すい臓がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ