すい臓がんの放射線療法

すい臓がんの治療法

すい臓がんの放射線療法

すい臓がんのガイド

すい臓がん放射線療法について、解説致します!

すい臓がんの放射線療法 手術が受けられないすい臓がんにおいて、抗がん剤とともに広く行われている治療が放射線療法です。

体の外からX線やγ線を照射することで、病巣にダメージを与えます。

すい臓がんの放射線療法ってどんなもの?

 手術ができないすい臓がんでは、がん細胞の増殖を抑えるために放射線が使われます。

放射線療法は、体の外から病巣に向けて放射線をあてて、がん細胞のDNAを破壊する治療です。

細胞は、分裂する際に情報を伝えるDNAを合成するのですが、放射線によってこれが壊されることで、分裂できずに死滅してしまいます。

ただしすい臓がんは、放射線が効きにくいがんの1つです。そのため放射線治療だけでがんを縮小させることは難しいのですが、抗がん剤との併用でがん細胞の増殖を抑え、延命効果を上げることは期待できます。

基本的には遠隔転移していないことが条件となりますが、放射線には痛みを軽減する効果もあるため、転移した骨や脳などに緩和の目的で行うケースもあります。

がん細胞が増えると、神経が圧迫されるために痛みが出るのですが、放射線で増殖を抑えることで、神経への刺激を減らすことができるのです。

放射線療法の副作用について

 ただし抗がん剤と同様、放射線療法にも副作用はあります。体の外から照射するため、病巣にたどり着く前の組織にもダメージを与えてしまうからです。また病巣をピンポイントで的確に狙うことも簡単ではありません。

そのため、場合によっては開腹手術をして病巣に直接放射線をあてる「術中放射線療法」が行われることもあります。ただしこれは、がんの摘出手術が可能な患者さんに対して行われる場合が多くみられます。

副作用としては、吐き気全身倦怠感白血球の減少などが挙げられます。治療してすぐに現れる場合もあれば、数ヶ月たってから出てくる場合もあります。

多くは自然に回復していきますが、放射線療法を受けた後で何らかの副作用が現れた場合は、すぐに医師に相談するようにしましょう!

また近年、注目を集めている放射線療法に「重粒子線治療」があります。

通常の放射線よりも、病巣を的確に狙って照射できるため、副作用が少ない点がメリットです。ただし先進医療のため、300万ほどの費用がかかります。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ