すい臓がんの治療法

すい臓がんの治療法

すい臓がんの治療法

すい臓がんのガイド

すい臓がん治療法について、解説致します!

 すい臓がんの治療法は、他のがんと同じく、病巣を手術で摘出することが第一となります。

ただしすい臓がんは症状に乏しいため発見が遅れがちですので、手術ができない場合は抗がん剤放射線による治療が中心となります。

すい臓がんの外科手術

 すい臓がんを完治できる唯一の方法は、他のあらゆるがんと同じく、がん細胞を外科手術ですべて取り除くことです。

しかしすい臓がんは早期発見が難しいため、見つかった時には既に手術ができないステージとなっている患者さんも多くみられます。

特にステージWになると、延命効果が期待できないため手術は行わないことが一般的です。

手術方法としては、もっとも多い「膵頭部」にできたがんの場合、膵頭部と十二指腸、そして胃の一部や胆管などを摘出する「膵頭十二指腸切除術」がよく実施されています。

がんの進行具合によっては、胃を切除する必要のない「全胃温存膵頭十二指腸切除術」が行えることもあります。

膵体部や膵尾部のがんでは、隣にある脾臓も一緒に摘出する「尾側膵切除術」が多く行われます。がんがすい臓全体に浸潤している場合は、すい臓の全摘手術が行われるケースもあります。

すい臓がんのその他の治療法

  手術ができない場合、もしくは手術後の再発防止として、抗がん剤治療(化学療法)が行われます。早期発見の難しいすい臓がんでは、化学療法は治療の大きな柱ともいえる存在です。

もっともよく使われる抗がん剤は「ジェムザール(ゲムシタビン)」です。

少ない投与で効果が高く、治療ガイドラインでも標準治療薬として推奨されています。ただしすい臓がんは、抗がん剤が比較的効きにくいがんですので、まだ十分な延命効果があるとはいえません。

抗がん剤と合わせて、放射線治療も行われます。X線を外から病巣にあてて、がん細胞にダメージを与えることで増殖を防ぐ治療法です。

抗がん剤治療と併用することで効果が高まるとされていますが、正常な細胞も傷つけてしまう点がデメリットといえます。

その他、免疫療法分子標的治療薬などの新しい治療法がどんどん登場しています。生存率の低いすい臓がんを根治できる方法の確立に、今後も期待したいところです。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ