すい臓がんのステージ【UICC分類】

すい臓がんの検査・診断

すい臓がんのステージ【UICC分類】

すい臓がんのガイド

すい臓がんステージ【UICC分類】について

 すい臓がんのステージ分類として、国際的に使われているものが「UICC分類」です。日本膵臓学会の「膵癌取扱い規約」にもとづく分類とは、やや異なっています。

UICC分類の「TNM」の意味

 UICCとは「国際対がん連合」という組織で、がんの進行具合を「T・N・M」の3つで表したことで知られています。そのため、単純に「TNM分類」といえば、UICCの分類のことを指します。

日本国内の「癌取扱い規約」でも、UICCの定めたTNMを使っていますが、その組み合わせ方やTNMの定義が少し異なっています。

例えばがんの深達度(T)では、T1〜T3までは日本の「膵癌取扱い規約」と同じです。

腫瘍がすい臓にとどまり、2センチ以下の場合は「T1」、すい臓にとどまっているが2センチ以上の場合は「T2」、すい臓の外に浸潤している場合は「T3」です。

UICC分類では、これらに加えて、まだがんが上皮内にとどまっているごく初期の段階を「Tis」としています。また「T4」は、腹腔動脈本幹または上腸間膜動脈に浸潤している、と定義されている点が異なります。

リンパ節転移の有無(N)については、1群〜3群などの区別なく、すい臓の所属リンパ節に転移がない場合は「N0」、ある場合は「N1」としています。

また遠隔転移の有無(M)は、「膵癌取扱い規約」と同様、転移していない場合は「M0」、している場合は「M1」となっています。

UICC分類によるすい臓がんのステージ

 UICC分類では、上記のTNMを組み合わせて、すい臓がんのステージを以下のように定めています。

ステージ0 Tis+N0+M0
ごく早期の段階で、まだがんが膵管などの上皮内(表面)にとどまっている状態です。
ステージTA T1+N0+M0
腫瘍が2センチを超えない
ステージTB T2+N0+M0
腫瘍が2センチを超えている
ステージUA T3+N0+M0
リンパ節転移がない
ステージUB T1〜T3+N1+M0
リンパ節転移がある
ステージV T4+N0もしくはN1+M0
リンパ節転移の有無にかかわらず、腫瘍がかなり浸潤している段階です。
ステージW TやNに関わりなくM1の場合
がんが遠隔転移していれば、他の因子に関係なくすべてステージWとなります。
すい臓がん治療は数百万円かかることも

すい臓がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ