すい臓がんのステージ【膵癌取扱い規約】

すい臓がんの検査・診断

すい臓がんのステージ【膵癌取扱い規約】

すい臓がんのガイド

すい臓がんステージ【膵癌取扱い規約】について

 すい臓がんもその他のがんと同じく、進行度をはかるために「ステージ分類」が活用されています。ステージが早ければ早いほど完治できる可能性が高く、遅ければ遅いほど末期となります。

日本では、国際的な「UICC分類(TNM分類)」のほかに、日本膵臓学会が定めた「膵臓癌取扱い規約」に基づく分類が多く使われています。

すい臓がんのステージを決める「TNM」 の意味

  がんの深達度や大きさを、リンパ節転移の有無を、遠隔転移の有無をとして表し、その組み合わせによってステージが決まります。

がんの深達度(T)
T1…すい臓の内部だけにとどまり、腫瘍の大きさが2センチ以下
T2…すい臓の内部だけにとどまり、腫瘍の大きさが2センチ以上
T3…すい臓の外に浸潤している
T4…すい臓の周りの血管や神経、他の臓器などに浸潤している
リンパ節転移の有無(N)
N0…リンパ節転移が認められない
N1…1群リンパ節に転移している
N2…2群リンパ節に転移している
N3…3群リンパ節に転移している
※ リンパ節は、すい臓に近いほうから1群〜3群となっています。
遠隔転移の有無(M)
M0…遠隔転移が認められない
M1…肝臓や肺、腹膜や遠隔リンパ節など、すい臓から離れた場所に転移がみられる

「膵臓癌取扱い規約」にもとづく分類

  日本膵臓学会の「膵臓癌取扱い規約」にもとづくステージ分類は、上記の3つの「TNM」をもとに作成されています。

例えばステージTは、「T1+N0+M0」です。つまり腫瘍が2センチ以下で、すい臓の中だけにとどまり、リンパ節転移も認められない状態となります。

ステージUは、「T1+N1+M0」もしくは「T2+N0+M0」です。腫瘍が2センチ以下で1群リンパ節に転移している、または腫瘍が2センチ以上でリンパ節転移がない状態です。

ステージVは、いずれもM0で、「T1+N2」「T2+N1」「T2+N2」「T3+N0」「T3+N1」のいずれかであり、かなり浸潤している段階といえます。

さらにステージWは2段階に分かれ、「T3+N2+M0」「T4+N0+M0」がWa、それ以外の組み合わせはすべてWbとなります。つまりM1(遠隔転移している)はすべてWbといえます。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ