すい臓がんの内視鏡的逆行性膵管造影検査

すい臓がんの検査・診断

すい臓がんの内視鏡的逆行性膵管造影検査

すい臓がんのガイド

すい臓がん内視鏡的逆行性膵管造影検査について

内視鏡的逆行性膵管造影検査 口から十二指腸まで内視鏡を挿入し、先端についたチューブから造影剤を入れてX線撮影をする検査が、「内視鏡的逆行性膵管造影検査」(ERP)です。

非常に精度の高い画像を得ることができますが、大変な検査であることと、また他の画像検査が進歩したことから、行われる機会は減りつつあります。

すい臓がんのERPってどんな検査?

 膵液を運ぶ「主膵管」と、胆汁を運ぶ「総胆管」は、ともに合流して十二指腸に流れ込みますが、その出口部分を「十二指腸乳頭部」と呼びます。

ERPでは、口から細い管を挿入し、この十二指腸乳頭部まで差し込みます。そこから、先についたチューブを主膵管に入れ、造影剤を注入してX線撮影を行うという流れです。

他の検査で得られる画像よりも鮮明にすい臓を映し出せるほか、主膵管の中の膵液を採取してがんの有無を調べられる点がメリットです。

さらに必要に応じて、がんによって通り道の狭くなった総胆管を広げ、黄疸を軽減させる処置もできます。

もちろんそのままでは苦痛が大きいため、検査前には喉の局所麻酔や、鎮静剤の注射が行われますが、一般的に胃カメラなどよりも患者さんの負担は大きいとされています。検査時間はおよそ30分ほどです。

最近ではMRIの技術が進歩して、すい臓の画像をきれいに映し出せるようになったことから、従来よりも実施されることは少なくなっています。

しかし、すい臓だけではなく周辺の臓器の異常も発見しやすい検査のため、患者さんによっては現在も非常に有用な検査であることは確かです。

すい臓がんのERP検査が受けられる病院や費用など

 ERPは、例えば心臓ペースメーカーを埋め込んでいるなどの理由で、MRIを受けられない場合に行われるケースが多くみられます。

内視鏡を入れる苦痛や、検査技術の難しさから、多くの患者さんでは他の画像検査のほうが優先的に行われます。

大学病院や、ある程度大きな消化器科などでERPを受けることが可能です。費用は自由診療で2万円ほどですが、精密検査であることから、多くは保険が適用になります。

大がかりな検査ではありますが、膵液の細胞診などを行えることから、今でも必要に応じて実施されている画像検査の1つです。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ