すい臓がんのFDG-PET検査

すい臓がんの検査・診断

すい臓がんのFDG-PET検査

すい臓がんのガイド

すい臓がんFDG-PET検査について、解説致します!

すい臓がんのFDG-PET検査 FDG−PET検査は、がん細胞がブドウ糖を多く取り込むという性質を利用した、比較的新しい検査です。

FDGという薬を注射した後、画像検査を行うことでがん細胞の有無を調べます。

FDG-PET検査は、がん細胞の場所を特定する検査

 あらゆるがん細胞は、健康な細胞の3〜8倍ものブドウ糖を消費することが分かっています。それだけ、がん細胞の増殖にはエネルギーが要るからです。

そこでFDG−PET検査では、ブドウ糖に放射能を微量加えた「FDG」(フルオロデオキシグルコース)という薬剤を用います。

これを静脈に注射し、1時間ほど全身に行き渡らせるため安静にした後、PETカメラで撮影を行います。

その結果、FDGが多く集まっているところがあれば、そこにがん細胞が存在することが分かるという仕組みです。

FDGには放射能が含まれているため、PETカメラで写すと明るく光って見えます。また、より精度を上げるためにCTMRI検査と併用する医療機関が増えてきています。

FDG−PET検査では一度に全身を撮影できるため、あらゆるがんの早期発見に役立てられています。ただし、胃や肝臓、腎臓などはブドウ糖が集まりやすいため、PETの有効性がやや低いとされています。

一方すい臓がんでは、粘液を産生するタイプの腫瘍が多いため、逆にFDGが集まりにくいというデメリットがあります。ですからがんを発見するよりも、すい臓にできた腫瘍が良性か悪性かを見極める目的で主に使用されています。

すい臓がんのFDG-PET検査の費用や副作用について

 FDG−PET検査は、大学病院や一部の大きな内科・消化器科などで受けることができます。また最近では、人間ドックのオプション検査として実施する医療機関も増えてきました。

費用は、自由診療で受けると10万円ほどがかかりますが、他の検査でがんの診断がつかなかった場合などは、健康保険が適用されるようになっています。

またFDGには微量ですが放射能が含まれているため、多少の被ばくはあります。その量は約2.2ミリシーベルト(1年間地上で過ごす間に自然に浴びる放射線量とほぼ同じ)ですので、健康被害の心配はまずありません。

すい臓がん治療は数百万円かかることも

すい臓がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ