すい臓の特徴と役割

すい臓がんの基礎知識

すい臓の特徴と役割

すい臓がんのガイド

すい臓特徴と役割について、解説致します!

 すい臓は、胃の裏側あたりに位置している小さな臓器です。縦が約15センチ、横が約3センチで、重さは60〜90グラム程度になります。

小さくても、そのはたらきは重要であり、食べ物の消化血糖値の調整などを行っています。

すい臓の「内分泌」機能

すい臓の特徴と役割 すい臓は、みぞおちとおへその中間くらいの高さにありますが、胃に隠れているため外からは触れにくい、おなかの奥深くにある臓器です。

十二指腸とくっついており、そちらから順に「頭部」「体部」「尾部」と分けられます。頭部のほうが大きく、尾部に行くほど細くなるため、形としてはオタマジャクシのように見えます。

すい臓は胃や腸のように中身が空っぽではなく、細胞が詰まっている「実質臓器」になります。中央には、「膵液」が流れる「主膵管」という管が通っており、十二指腸とつながっています。

すい臓の大きなはたらきの1つが、この「膵液」の分泌(内分泌)です。

私たちが食べた物は、食道から胃、そして十二指腸、小腸、大腸と進んでいくのですが、十二指腸は粘膜が弱く、強力な胃酸で消化された食べ物によって潰瘍ができやすい消化管です。

そこで活躍するのが膵液になります。膵液は弱アルカリ性の消化液で、タンパク質や炭水化物、脂肪などを分解する酵素を含んでいます。これを「主膵管」を通して十二指腸に送ることで、強い胃酸を中和させることができます。

何らかの原因で膵液が十分に分泌されないと、十二指腸潰瘍ができることがあります。

すい臓の「外分泌」機能

  すい臓のもう1つの重要なはたらきが、「外分泌」です。

インスリングルカゴンといった、血糖値の調節をするホルモンを産生します。

すい臓には「ランゲルハンス島」と呼ばれる細胞群があり、この中のベータ細胞がインスリンを作って、血中に分泌します。

インスリンは、糖尿病の治療で注射されることでも有名ですが、摂取したブドウ糖を細胞にとりこんで、エネルギーとして活用させるために欠かせないホルモンです。

また、アルファ細胞で作られるグルカゴンは、インスリンとは逆に血糖値を上げるためのはたらきをします。血糖値が異常に低くなると、脂肪組織のグリコーゲンからブドウ糖を自動的に作りだしてくれるのです。

すい臓には、上記の2つのはたらきがあり、私たちの体の維持に役立っています。

すい臓がん治療は数百万円かかることも

すい臓がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

     

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ